東北天国 連絡帳

こちらは更新情報などを中心に、管理人からの連絡事項などを綴る所です。
というのは大義名分で、ホントはブログ的な徒然が書きたくて設置しました。<おぃ
コメントも出来ます。お気軽にどうぞ。(^^)


カテゴリー
更新情報
 
マニ35・36/GM改
 
LED工作
 
その他

全体

以下「模型のつくりかた」へ移動
スハ32Wルーフ/MODEMO
スハ32・スハフ32・マニ36/GM
スハニ37(オハニ36)/KATO
スユニ60・61/レイルロード・RLF
スユニ61/リトルジャパン
オユ10非冷房/KATO
スユニ50/クロスポイント
マニ50/TOMIX(旧製品)
スニ40・41/GM改
ワサフ8000・スニ41/タツヤ
ワキ8000/KATO
一覧 / 検索
記事タイトル一覧
連絡帳内検索
最近の記事
10月30日 KATOスユ15・マニ50のカプラーを台車マウントに
02月16日 KATO オハ31に電飾を-5
16日 KATOからスユ15、マニ50製品化!
07月14日 KATO オハ31に電飾を-4
05月06日 KATO オハ31に電飾を-3
04月21日 【更新】KATO「大雪」のレビューページ公開。
03月26日 KATO オハ31に電飾を-2
09日 KATOからEF56 1次形+郵便・荷物列車<東北>セット発表!
02月25日 KATO オハ31に電飾を-1
11日 KATO 旧マニ60の加工-テール点灯化-4
 
管理人:北東荷2
サイトトップへ
■KATO オハ31に電飾を-3 2013.05.06.(Mon)22:16
ちょっと間が開きましたが、オハ31のつづきです。
室内灯ユニットを作ります。


まずはt0.3両面生基板から、ベースとなる基板を切り出しました(右上)。
今回は縦に長くしました。詳細は後述します。
そして素子を付けていきます。

(クリックで拡大)
画像のように、まず整流用のダイオードから付けていきます。
ワニ口クリップの中身で素子をくわえて、目玉クリップで基板を保持しつつ、ハンダごてを当てます。
次の素子を付ける位置にハンダが付いて邪魔になったら、適宜ハンダ吸い取り線で除去してから付けていきます。


例外として、LEDだけはピンセットを用いて柄の部分を目玉クリップで挟み、やさしく掴んで保持しています。(LEDはサイドビュータイプを縦に付けています)。
このLEDはパッケージが樹脂で出来ていて柔らかいせいか、ワニ口クリップでは力が強すぎて破損してしまうためです。


取り付け後。
ハンダをうまく盛って端子に接続しているのがわかりますでしょうか。


そして最後にCRD(定電流ダイオード)を付けます。
ハンダで塞がっていた穴は、あらかじめドリルで再開口しています。


仕上がり状態。左:表、右:裏です。
裏面では穴の周囲を太いドリルでさらってショートを防止してあります。
また、黄色っぽくなっている部分はプライマー処理をした所で、あとで目立たないように塗装するつもりです。

(クリックで拡大)
それからこのLEDは白色なので、オレンジのフィルターを付けます(右)。

このオハ31系用では発光部をなるべく高い位置にするため、下端を5.5mm長くしました(画像中・右)。左は従来の一般用です。
これには狙いがあるのですが・・・それについては後ほど。

なお、一般用でも取り付け部を2mmほどかさ上げすれば一応使えます。
おそらくKATO製のユニットも付けられるのではないかと思います。

(クリックで拡大)
室内灯基板の寸法図です。
未公開だった一般用もついでに載せておきました。


以下、次回につづきます。
名前  URL 
 
よろしければ『書き込む』ボタンをクリックしてください(戻る
 

記事タイトル一覧

サイトトップへ